石崎杏

下記複数の作品をまとめて一つの作品と見なしてタイトル、説明を付けています。

「見えぬもの、触れること」

SNS: https://twitter.com/_0w0_1111

コロナの流行により人々は念入りに手洗いをし、アルコールで消毒をし、互いの接触を避けるようになった。例えば今ドアノブを触ったこの手は、一見何も無いように見える。しかし果たして本当にそうなのか。ウイルスが手に付着していないという保証はどこにもない。ウイルスは肉眼では見えない。見えないものを把握・理解しようとすること、そして不安の絶えないこの状況でそれでも何かに触れなければならないことに対して繰り返される警戒と妥協について考える。